サイト更新情報

(1)「バングラビジネスパートナーズIT」のウェブサイトをリリースしました!

「バングラITパートナーズ」へのリンク

バングラビジネスパートナーズITは

バングラデシュ最大手のIT教育グループ「ダフォディルグループ」との合弁会社ダフォディルジャパンITを現地に設立し、IT専門学校、日本語学校、エンジニア紹介、オフショア開発サービスを提供しています。

バングラデシュITは日経新聞・日経ビジネス誌、日経コンピュータで取り上げられています

http://www.banglait.biz/7-バングラデシュit-メディア/


(2)「バングラデシュ・ITエンジニア御紹介」のページを開設しました!

「バングラデシュ・ITエンジニア御紹介」へのリンク(ダフォディルジャパンサイト)

「バングラデシュ・ITエンジニア御紹介」へのリンク(バングラビジネスパートナーズサイト)

バングラデシュはインド・ベトナムに続く、最後の有能エンジニア輩出国です。

バングラビジネスパートナーズ/ダフォディルジャパンITは

バングラデシュで優秀なITエンジニアに日本語を教え、

日本のIT企業様にご紹介させていただいております。

日本で獲得が困難になっているITエンジニア、

最後のIT供給国バングラデシュからのエンジニア獲得をぜひご検討ください

「バングラデシュ・ITエンジニア御紹介」のお問い合わせはこちらから


(3)「バングラデシュ・オフショア開発」のページを開設しました!

「バングラデシュ・オフショア開発」へのリンク(ダフォディルジャパンのサイト)

「バングラデシュ・オフショア開発」へのリンク(バングラビジネスパートナーズサイト)

バングラデシュはインド・ベトナムに続く、最後の有能ITエンジニア輩出国です。

バングラビジネスパートナーズ/ダフォディルジャパンITは

バングラデシュでオフショア開発、ラボ開発のエンジニア提供をさせていただいております。

中国・インド、ベトナムでも高騰しているオフショア開発、

最後のIT開発国バングラデシュへの発注

ぜひご検討ください

「バングラデシュ・オフショア開発」のお問い合わせはこちらから


(4) 「バングラデシュ・採用募集」のページをリリースしました!

現在バングラビジネスパートナーズでは5つの職種を正社員又はインターンで募集しています。

1.バングラデシュでの日本向けマーケティング担当者募集

2.バングラデシュでの日本向けITオフショア開発チーム・テクニカルアドバイザー募集

3.バングラデシュでの日本向けITオフショア開発チーム・プロジェクトマネージャー募集

4.バングラデシュでの日本企業向け進出支援コンサルタント募集

5.バングラデシュでの日本語学校教師募集(急募!)

「バングラデシュ・採用募集」へのリンク


(5) バングラデシュ唯一の日本専用工場団地

「サウスダッカ工場団地」の情報を加筆しました!

(サウスダッカ工場団地へのリンク)

日本企業が安心して生産に専念できるよう

エネルギーや物流も整備し、

即入居できるレンタル工場も完備した

工場団地を作っています!


(6)過去の「バングラデシュセミナー」の情報を更新しました!

「バングラデシュセミナー」へのリンク

JICA様 / JETRO様 / 商工会議所様にも支援・共催いただきながら

バングラデシュのビジネス機会をより多くの日本企業様にご認識いただくよう

セミナー活動を続けています!


(7) 会社設立サービス、会計・税務サービスのページを更新しました!

「バングラビジネスパートナーズの会社設立・会計税務サービス」へのリンク

バングラデシュとは?/ What is Bangladesh ?

バングラデシュは欧米で注目されている、 次のアジアの新興国・成長国です。


①バングラデシュの人口は1億6000万人(アジア第四位)

•バングラデシュには1億6000万人の人口がいます。

•1億6000万人はアジア第四位の水準です。

•中国(13億)

•インド(12億)

•インドネシア(2.3億)に次ぐ規模です

•ミャンマー、タイ、ベトナムの1.5-2.5倍の人口規模を持ちます。


②バングラデシュのGDPは1,050億ドル、ベトナムと同水準 バングラデシュのGDPは約1050億ドル、 バングラGDP1050億ドルはベトナムと同じ水準です バングラGDPは主に繊維業、金融業、サービス業、農業から構成されています。


③GDP成長率は6.3%, 安定成長を続けている •バングラデシュは過去5年間、平均6.2%の成長を続けています。 •直近2011年も6.3%のGDP成長をしました。 •バングラデシュは今後も6-8%の水準で安定的に成長していくといわれています。


④世界のファッション生産大国になりつつある •バングラデシュの成長を支えているのは、欧米からのファッションオーダーです •ZARA, H&M, Walmart, GAP, M&S ,そしてUniqlo 等の世界のファーストファッションメーカーがバングラデシュを主要ファッション生産地に選びました。 •現在ではバングラデシュの輸出の75%がアパレル・ガーメント製品です。


⑤ネクスト11にも選ばれ、欧米ではすでにかなり注目されている •バングラデシュは2007年、ゴールドマンサックスのレポートでNext 11の一つに選ばれています。 •1億6000万人の巨大な人口と、縫製業を中心とする輸出の増大期待がその選定理由です。

詳しくは「バングラデシュの基本情報」

バングラデシュIT市場(エンジニア採用・オフショア開発・ウェブ開発) Bangladesh IT OffShoring

バングラデシュはアジア最安賃金の国ではありますが、インド人と人種が近いこともあり、IT スキルは非常に高いレベルにあります。

インドのIT技術者の賃金が急騰したこともあり、欧米企業は今そのIT開発を、 インドからバングラデシュに移してきています。

また、バングラデシュもITオフショア開発の誘致には積極的になり始めています。

元々アメリカ・カナダ・イギリスを中心に有能なIT系大学生が多く留学していたこともあり、 すでに数多くの欧米向け開発の実績をもっており、そのIT知識も、完全に欧米と同じレベルにあります。 バングラビジネスパートナーズはそのバングラデシュの中でも特に欧米との実績も多く、海外にブランチオフィスも持つIT開発会社数社と提携し、 日本企業向けに、Web 開発、特に英語での海外マーケティング用のWeb サイト、Ecommerce サイト、SEO対策 等の引き受けを行っております。

このようなニーズのある企業様、もしくはそのような企業様をクライアントにされている日本のITサービス会社様、ぜひご連絡ください。


詳しくは以下へ

バングラデシュITエンジニア採用

「バングラデシュITエンジニア採用」のページ

バングラデシュウェブ開発のページ

「バングラデシュでのWeb 開発」のページ

バングラデシュITオフショア開発

「バングラデシュITオフショア開発」のページ

バングラデシュでの生産・仕入 Bangladesh Production & Procurement

~中国の賃金上昇による生産コスト増加に悩まれている企業様へ~


これまで世界の工場として世界の商品のコストダウンを支えてきた中国が、今その経済成長の裏返しとして賃金が上昇し、生産コストが毎年大幅に上がってきました。

一方でバングラデシュはこれまで海外先進国からの注目が弱かったために、アジア最貧国として長く高い失業率に苦しんできました。 現在バングラデシュの人件費はアジア最安水準です。

しかし1億6000万人の人口を抱えるこの国はまだ失業者も多く、その採用によりこの国での生産により大幅な生産・調達コスト削減が期待できます。

欧米のファーストファッションがこの国での生産により安価なファッション製品をグローバルに展開し成功を収めています。

ファッション製品・レザー製品等はすでに低人件費によるコスト削減効果だけではなく、大量生産によるコストダウン効果、及び量産による技術・品質向上効果も発現してきています。 今後中国の人件費が向上するにつれ、益々バングラデシュ生産の世界におけるプレゼンスが高まると見られています。


詳しくは「バングラデシュでの生産・仕入」Bangladesh Production & Procurement

バングラデシュ販売・サービス Bangladesh Sales & Services

~先進国での需要減退・競争激化に悩まれている企業様へ~


これまで世界の成長を担ってきた日本・アメリカ・西ヨーロッパは、今その限界に達し、人々には十分にモノが行き渡りこれ以上多くのモノを欲しなくなってきています。

バングラデシュは1億6000万の人口を持つ巨大マーケットの一つです バングラデシュの人々は繊維産業の成功で除々に所得を高めてきています。

この国は最貧国とされていたために欧米の商品・サービスがまだ十分に入ってきていません。 すでに入ってきた一部の欧米ブランド・サービスは大きな成功を収めています。

例えばバングラデシュ首都ダッカの中心部にあるWestine Hotel は、一泊3万円の国際価格にもかかわらず毎日満室が続いており、運営会社はIPO,及びホテルのチェーン化を狙っています。

その他ファーストフード会社、自動車販売会社、不動産会社、食品スーパー、電化製品販売会社、携帯電話キャリア等がこの巨大消費市場で、西洋並みの価格で販売・サービス展開をし、成功を収めています。


詳しくは「バングラデシュ販売サービス」

当社紹介・代表紹介 Company Introduction

[当社紹介]

当社は、日本人プロフェッショナルが運営し、バングラデシュに特化している唯一の日本人向けバングラデシュ進出アドバイザリーファームです。


[当社代表 岡崎透 略歴]

•大学在学中に公認会計士試験合格、4年時より新日本監査法人に入所

•3年後KPMG FASに異動、M&A Advisory, 企業再生支援サービスに従事

•財務・金融の知識・経験だけでは本当の価値は創れないと限界を感じ、3年後当時世界最大規模を誇った戦略コンサルティングファームのブーズアレンに入社

•自動車業界、輸送機器業界、食品業界、機械業界、サービス業界、不動産業界、金融業界等を中心に、日本の大手企業への経営コンサルティングに従事。

•5年を経て、多くの一流日本企業のコンサルティングに携わり、その企業価値向上に役立てるようにはなったものの、本当に日本の復活のために必要なのはむしろコンサルティングを依頼してこない中小企業の海外進出なのではないかと感じ始める

•日本の中小企業の海外展開を高いコンサルフィーを払うことなく支援できる可能性を求め、三井物産に入社

•三井物産入社後、アジアの貧困国を支援するNPOにも参加し、途上国の現状を認識。 •三井物産では社内営業部の海外投資を支援する部署に属したが、やはり大企業としての論理を優先せざるを得ない環境に限界を感じ、退職。


[代表岡崎透の思い]

<アジア最貧国バングラデシュへの貢献>

最貧国バングラデシュを アジアの経済大国へ引き上げ 経済発展を通じて貧困を撲滅したい

•アジアの超巨大国である中国・インドに囲まれ、洪水・政治的腐敗も多かったバングラデシュは、これまで国際ビジネス社会から見逃され貧困状態が長く続いていました。

•しかし今ようやくアパレル製品の製造を中心に国際経済活動が盛んになり、経済的発展を始めようとしています

•我々は今より多くのビジネス誘致を図ることで、このスピードを高め、より早くこの国の貧困を撲滅したいと強く思っています。

<日本企業のアジア進出への貢献>

わが国日本企業が引き続き アジアの主役であり続けられるよう 将来のアジアの大国バングラデシュに 多くの企業に円滑に進出してもらいたい

•かつてアジアの中心であった日本は、もはやアジアの成長にまったく乗り遅れてきています。

•せめて次の20年、確実にミャンマーと並びアジアの成長の主役となりうるバングラデシュで、日本企業がそのプレゼンスを持てるよう、尽力したいと強く思っています

•単に法律・会計的アドバイスをするのではなく、むしろ同じリスクをとって日本を導入したいと思っています。


[メンバー紹介]

下段ご参照ください。


詳しくは「当社紹介・代表紹介」

バングラデシュセミナー・御問合せ Bangladesh Seminar, Tour, & Inquiries

バングラビジネスパートナーズでは、バングラデシュビジネスに関わるあらゆるお問い合わせに対応しています。

また、定期的にセミナーも行っておりますし、個別セミナーにもご対応いたします。

まずはサイト右上にあるアドレスまで、又は電話まで、ご連絡ください。


詳しくは「御問合せ・セミナー」まで

その他のバングラデシュの情報

その他のバングラデシュに関する有用な情報は、以下をご参照ください。

Wikipedia バングラデシュ

Wikipediaバングラデシュへのリンク


外務省・バングラデシュ情報

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bangladesh/


JICAバングラデシュ

http://www.jica.go.jp/bangladesh/


ジェトロバングラデシュ

http://www.jetro.go.jp/world/asia/bd/


在バングラデシュ・日本大使館

http://www.bd.emb-japan.go.jp/index_j.html


在日・バングラデシュ大使館

http://bdembassy.tripod.com/visa.htm


バングラビジネスパートナーズIT

http://www.banglait.biz/